毛穴の黒ずみ

老化が原因の毛穴の黒ずみとは

毛穴の黒ずみの原因には老化も関係しています。頬の毛穴が縦に長くなってきた、よく洗顔をしてもその症状が改善しないという方は、老化による肌の皮膚のたるみによるものかもしれません。もし指で頬の皮膚を持ち上げてみてその症状が改善するのなら、それは老化による黒ずみと言っていいでしょう。老化による毛穴の黒ずみは皮膚内部のコラーゲン繊維が減少することで、顔の表面の皮膚がたるみを生じてきてしまうのが原因です。

 

それにより、皮膚表面がたるんできたことで、肌の毛穴の周りに影が出来てきて、それが黒ずみのごとく見えてしまうのです。そもそもどうして肌のたるみは生じるのでしょうか。肌のたるみの原因はコラーゲン繊維にダメージを生じることで起きてきます。ダメージをもたらす最大の原因は紫外線です。紫外線の中に含まれるUBAと呼ばれる紫外線A波が、コラーゲン繊維を作る肌の大元の真皮層に到達することで、繊維芽細胞が傷つき、コラーゲンの生成に悪影響を及ぼすのです。

 

そうなると肌の弾力性は失われ、柔らかい顔の部分の頬の毛穴などは目立ちやすくなってしまうのです。肌のたるみを回復させるには、まずはそのメージを減らす紫外線ケアが重要です。紫外線を防ぐ役割をする日焼け止めをしっかり使って、こまめな紫外線ケアをすることでUBAを防ぐ事が出来ます。メイクをする方なら、化粧下地やファンデーションの中には紫外線をブロックする役割を持つものもありますので、お化粧品選びの段階でしっかりその事を確認して選ぶ事をお勧めします。

 

それとお肌の保湿も重要です。肌は乾燥によっても毛穴が目立ちやすくなります。基礎化粧品の中には、コラーゲンやヒアルロン酸など肌にハリを与えることが出来る美容成分が配合されているものがあますので、それを使うことにより肌の潤い保ち、肌をふっくらとさせることが出来ます。このように老化が原因の黒ずみ毛穴は、こまめな紫外線ケアと肌の保湿が大切です。