毛穴の黒ずみ

栄養バランスの良い食事で毛穴の黒ずみ対策をしよう

毛穴の黒ずみを予防するには、皮脂の過剰な分泌を抑制して黒ずみの原因となる角栓の生成を抑えることが重要となります。特に、皮脂の分泌量は食生活の影響を受けやすいので、毎日の食事を見直して皮脂の分泌量を抑える栄養素を積極的に摂ることが大切です。たとえば、皮脂の分泌量を抑えるために重要な栄養素の一つにビタミンB2があります。

 

ビタミンB2は、脂肪分を分解してエネルギーを作るために必要な栄養素なので、不足すると脂肪分が分解されにくくなります。分解されなかった脂肪分の一部は皮脂腺から皮脂として排出されるため、ビタミンB2の不足が皮脂の分泌量の増加につながるわけです。また、ビタミンB2は皮膚の生成・成長促進、細胞の再生などに必要な栄養素でもあるので、不足すると肌の新陳代謝が正常に機能しなくなります。

 

肌の新陳代謝機能に異常が生じると、肌の老化が進んだり、肌荒れしやすくなったりといった問題が起こりやすくなるので、肌の健康のためにも重要な栄養素といえます。ビタミンB2は、肉類や牛乳、卵などのごく一般的な食材から摂取できるので、もともと不足しにくい栄養素です。しかし、脂肪分が過剰な食事が続くと、脂肪を分解するためにビタミンB2が大量に消費されるため、 不足しやすくなります。

 

このため、ビタミンB2を積極的に摂取するだけでなく、脂肪分の多い食事をできるだけ控える努力が必要となります。一方、肌が乾燥すると乾燥から皮膚を守るために皮脂が分泌されやすくなるので、肌の潤いを維持するために必要なコラーゲンやヒアルロン酸を生成するために必要な栄養素であるタンパク質やビタミンCを積極的に摂取することも大切です。

 

また、肌にダメージが生じると肌の防御機能が働いて皮脂の分泌量が増えることもあるので、抗酸化物質として働くビタミンEやβカロチン(ビタミンA)などのビタミン類が豊富に含まれる緑黄色野菜も積極的に摂取することが効果的です。以上のように、毛穴の黒ずみ対策には、ビタミンB2、ビタミンCを初めとしたビタミン類を多く含み、脂肪分の少ない栄養バランスの良い食事をとることが有効といえます。

 

忙しいと外食やコンビニ弁当、スーパーの惣菜などが中心の食生活に偏りがちですが、そうしたときでも脂肪分の摂り過ぎに注意し、ビタミン類を豊富に含む野菜サラダをつけるなど、常に栄養バランスに配慮した食事を心がけることが大切です。