毛穴の黒ずみ

脇の毛穴の黒ずみのメカニズムとは

脇というのはムダ毛が気になる場所です。ですが、それと同時に黒ずみが気になる場所でもあります。清潔にしているのに気がついたら毛穴などの黒ずみが目立つようになっていたというのはよくある話です。こうした事を予防するには、毛穴が黒くなるメカニズムを知っておく必要があります。まず、こうした黒ずみができてしまう原因の殆どはメラニン色素によるものです。

 

メラニン色素は日焼け等で肌の色が黒くなる原因にもなるものです。そんなメラニン色素は肌にストレスを与える事で発生します。例えば、毛抜きでムダ毛処理をする人などは、毛を無理に毛根から引き抜くのですから、毛穴周辺の肌にどうしても負担がかかってしまいます。その際に痛みを感じ、痛みさえ我慢すればキレイになると思っている人もいるかもしれませんが、その時には痛みと同時に肌にストレスも与えている事になります。

 

それはメラニン色素を生み出す原因にもなっています。ですから、毛抜きでの脱毛はキレイになるように見えて、メラニン色素を発生させるというデメリットもあるのです。そういう事もあるので、本気で綺麗にしたいと思った場合は、そうした負担が少ないエステやサロンでの脱毛がお勧めです。そして、脇には更に大きなストレスがあります。

 

それは衣服の擦れです。衣服は生活に欠かせないものであり、これは基本的に避ける事のできないものです。それでも何とかストレスを軽減させたいと思った際は、プライベートの時間など自由な服装が許される時間は極力脇が擦れないような服を選ぶことです。

 

そして、こうして擦れはストレスによるメラニン色素だけでなく、乾燥も引き起こす為に、普通に生活をしているだけで脇というのはかなりの負担がかかっている部位でもあるのです。ですから、日常なるべく清潔に保つだけでなく、化粧水や乳液をぬって、乾燥を和らげるケアをするなどしておくと良いでしょう。毛抜きなどで毛を抜いた場合も化粧水などでケアをすることで、黒ずみを軽減させる事ができます。