毛穴の黒ずみ

紫外線は毛穴の黒ずみの原因の一つ

毛穴のたるみや開き、テカリなど様々な悩みを抱えている方は結構多いですが、中でも黒ずみに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そもそも毛穴の黒ずみはなぜできてしまうのかと言うと、大きな原因は皮脂と皮膚の汚れが混じりあってできた「角栓」が毛穴に詰まることが大きな原因です。角栓は固くて洗顔ではなかなか溶けないので、酸化して黒くなってしまうのです。

 

しかし角栓が取れたのに黒ずみが解消されない場合があります。実はそれには紫外線の影響が大きく関わっているんです。肌の日焼けやシミの原因のイメージが強いですが、紫外線が毛穴に詰まった角栓に当たるとアクネ菌などが影響を受け、活性酸素が大量に発生して角栓が急速に酸化してしまうのです。これによって「黒ニキビ」を作ってしまう事になり、黒ずみになってしまいます。

 

また、皮膚に紫外線が当たると、皮膚は非常に大きな刺激を受け「ストレス」を感じます。刺激を受けてストレスを感じた皮膚は、防御反応で日焼けやシミの原因になる成分「メラニン色素」を作っている「メラノサイト」からメラニン色素を生成し、肌を守ろうとします。メラニン色素は通常、ターンオーバーが正常な肌であれば古い角質と一緒に剥がれていきますが、ターンオーバーが正常でない肌の場合、メラニン色素がシミのように沈着してしまい、黒ずみになってしまうんです。

 

シミなどと近い成分のため、一度沈着してしまうと簡単には落ちにくくなってしまいます。また、紫外線は肌のターンオーバーにも大きな影響を与えています。肌のターンオーバーや皮膚の潤いやハリを保つ為に必要な成分に「コラーゲン」がありますが、実はコラーゲンは紫外線に当たると減少し、生成される数が減ってしまうんです。その為、肌の潤いやハリも無くなって毛穴も開きやすくなり、ターンオーバーが上手く出来なくなって、古い角質とメラニン色素が排出されないため、黒ずみの原因になってしまうのです。